ランドセルの他に必要な物ってなに?

女の子

筆記用具

筆記用具がないと勉強することができません。当たり前のことですが、事前に購入しておかないと、あれがないコレがないといって入学前にあたふたするケースがあります。筆記用具に必要なのが鉛筆と消しゴム、それを入れる筆箱、クレヨンなどです。鉛筆に関してはHBか2Bといった鉛筆の濃さも指定があります。基本は2Bで良いでしょう、また赤鉛筆も必要になるので忘れずに購入してください。ですが、筆記用具で最もしっかり選ばないといけないのが筆箱です。チャック式だとチャック部分が壊れる可能性があるので注意して下さい。またマグネット式の箱型筆箱の場合は落ちても開きづらいものを選びましょう。

ハサミやのりといった備品

入学式シーズンになると、品切れが起きやすいのが学校用品です。学校用品にはハサミやのり、下敷きにお道具箱などがあります。入学式シーズン前から品切れになる可能性があるので、筆記用具を買う時に一緒に購入しましょう。

上履きや体操着

上履きや体操着の購入は入学式シーズンちょっと前に購入した方が良いです。入学式一年前から買うと、小学校上がってすぐにきつくなるケースがあります。また体操着の注意点は校章です。体操着を購入する店舗には、地域の校章を体操着1枚に付き1枚無料で貰えます。しかし、中にはもらい忘れをしてまた店舗に行き校章を貰いに行くという二度手間になります。体操着を購入する際に店員に一声かけられますが、自らどこの校章が欲しいと伝えることも忘れないでください。

その他用品

その他は傘や雨具等です。その他用品で注目してほしいのが傘です。傘には色々なデザインやサイズがあります。傘の選ぶポイントが大きさと視認性です。小さいお子様に大人用の傘だと、濡れる心配はなくなりますが、万が一突風が吹いた場合に傘を抑えることができずに転倒する事故を招くおそれがあります。また、傘の視認性に関しては、傘の生地に透明なビニールが付いている傘を選びましょう。子供が傘をさすと視界が悪くなります。目の前の視界をよくするために透明ビニール付きにした方が安全です。

手作りは愛情の証

防災ずきんや体操着入れなどを手作りすると、子供にも喜ばれます。世界に1つだけのものになるので特別感が増すからです。それに親の愛情を感じますし、女の子なら一緒に生地から選んで作ると思い出の品にもなります。手作りのものを毎年作ることで、その1年間の思い出を親も子供も感じることができます。子供の成長を写真やクツのサイズ、服のサイズでも感じることができますが、手作りをすることでしか感じることのできないこともあるのでオススメです。またランドセルに手作りお守りを付けるのもよいでしょう。

ランドセルの基本情報

ランドセル

ランドセルの素材について

ランドセルの素材には各自、特徴があるのでメリットやデメリットを理解する必要があります。このページには各素材の特徴について詳しく紹介しています。参考にしてみましょう。

READ MORE
親子

ランドセルの歴史

歴史を知ることは子供の知識になります。その歴史をお子様に伝えることで、他のことにも興味を湧くことになり、今以上に感性豊かな子供になります。ランドセルの歴史を学ぶことでランドセルを大切に使い続けてくれるでしょう。

READ MORE
女の子

ランドセルの他に必要な物ってなに?

必要なものは先に準備するのが後々楽ちんです。でも小学校って何が必要なのかわからないという方はこのページをチェックしましょう。事前の準備の参考なること間違い無しですよ。

READ MORE
広告募集中